市販の脱毛器って本当に効果があるの?

本当なら、脱毛サロンやエステ、医療機関などで専門の方に脱毛をしてもらえば、きれいにしっかりと脱毛できるのでしょうが、子育てと家事に追われる上、そんなに経済的なゆとりがない身としては、やはり頼りになるのは市販の脱毛器です。でも、市販の脱毛器っていろいろな種類があって脱毛器によって効果や、メリット、デメリットがあるから、なかなか選ぶのが難しいんですよね。

 

一番使いやすそうで魅かれるのが、フラッシュ脱毛器。IPLという光の黒い部分に集中して熱を放射する性質を使って、黒くない肌には刺激を与えないけれど、メラニン色素がある毛根に反応し、毛根に熱によるダメージを与えることで毛根を破壊し、永久脱毛の効果を得るというものです。フラッシュ脱毛器は、肌にも刺激が少ないうえ、痛くないし、照射面積が広いので脱毛時間も短くて済むし、手軽に使用できるところが人気の理由であり、メリットですよね。でも、高いです。7、8万円から10万円という価格がついているのが一般的なので、気軽に購入できる価格ではないというデメリットがあります。いったん買ってしまえば、長く家庭で使えるのですが、初期投資が高いわけです。

 

市販の脱毛器で、同じ永久脱毛効果が期待でき、もう少し価格が安いものとなると、レーザー脱毛器になりますね。レーザー脱毛器はレーザーを毛根に当てて、その熱で毛根にダメージを与えるタイプの脱毛器なので、確かに永久脱毛の効果は期待できるのですが、とにかく痛いというのが、大きなデメリットだと思います。ちくっとすると言うより、グサッとくるような痛みだから、我慢して使うにも限界があります。私としては、レーザー脱毛器は痛くて使えないというのが正直な感想ですね。
もう1つ、サーミコンタイプの家庭用脱毛器も市販されていて、これはムダ毛を焼き切るタイプなので、永久脱毛 自宅の効果はありません。それに、焦げ臭かったり、焼き切ることでやけどの危険性があったりするので、手軽に使えて価格も安いというメリットもあるけれど、使いにくいと思います。